歯医者さんおすすめの歯磨き方法とは?

歯医者さんの歯磨き方法で健康な歯

歯磨きから歯周病・虫歯予防

歯磨きはご自身に合った歯ブラシ選び・種類から始めます。合ってない歯ブラシは磨き残しが多くなり、歯周病の原因になります。 子供の乳歯は小さな歯なので小刻みに丁寧に磨きます。年齢と共に歯茎が痩せてきて、歯の隙間が出来てくると食べかすが挟まりやすくなります。細かい部分まで毛先が届くと綺麗に磨けますよね。

歯ブラシから健康な歯

歯周病・虫歯になってから歯医者さんにいくのではなく、歯周病・虫歯予防を推進する指導が進んでます。
ちょっと前は歯が痛くなって、歯茎が腫れてから歯医者さんに行く人が多くいました。いってみるとかなり深刻な状態になっていて治療が長期になると言う事があります。その為、歯医者さんに行くと余計な所も治療されてまた通院になるから歯医者さんに行きたくないと言う人がいます。深刻な状態になる前に歯医者さんで正しいブラッシング指導をしてもらい、定期的なメンテナンスをしてもらうとご自身の歯で長く食事ができます。
歯磨きは乳歯の生え始める前から歯固めになるアイテルを使ったり、長い付き合いになります。歯磨きは毎日の積み重ねになります。正しい歯磨きが身についていると自然と忘れずにきます。歯磨きしないと気落ち悪いと思う人もいますよね。歯は一生者です。小さな歯が沢山ある事で困る事なく食事ができます。なんとなくしてる歯磨きも、今日も美味しい食事ができました、ありがとうと言う気持ちで歯磨きをしてみると一つ一つの歯をいたわる感じで歯磨きができるかもしれませんね。
手磨きだけでなく、生活スタイル・歯磨き方法から電動歯ブラシを使った歯磨きもお薦めです。
ご自身のブラッシング方法に迷いがある・不安がある場合は歯医者さんにしっかり指導してもらう事で改善できます。
健康診断でご自身の身体の状態が分かりますよね。歯の状態も同じことです。本来、どんな病院も予防・早期発見に繋がるように医師と仲良くなるのが健康でいる近道です。

正しいブラッシングを理解する

歯磨きは正しいブラッシングが分かっていないと磨き残しが増えて歯周病・虫歯の原因になります。最近は電動歯ブラシが多くあります。電動歯ブラシの使い方は一般的な手磨き歯ブラシと違います。電動歯ブラシも正しいブラッシング方法を理解して健康な歯にしていきましょう。

効果的な歯磨きタイム

歯磨きは正しいブラッシングをしていても保管方法が間違っていると口の中に細菌が繁殖します。正しい保管方法を見てみましょう。歯磨きタイムのお助けアイテムでさらに効果的な歯磨きにしましょう。健康な歯は私達の健康を支えます。小さな時から歯磨き習慣は大事な事です。

TOPへ戻る